HOME >> コーヒーの魅力

酒井幹浩が語る コーヒーの魅力

おいしいコーヒーの淹れ方

2008年09月20日 珈琲のこだわりは生豆と焙煎ですが、
上手に淹れればコーヒーはもっとおいしくなります。
ここでは簡単に実践できるおいしいコーヒーを淹れる為のポイントをお教えします。

☆水
おいしいコーヒーにはおいしいお水がかかせません。
一般に、硬度の低い軟水はコーヒーの抽出成分が出やすく、逆に硬度が高い硬水は出にくいといわれています。
しかし、コーヒーの場合はそれほど神経質になることはなく、新鮮なお水を使うことが一番の条件です。
もちろん水道水でも大丈夫!
しばらく沸騰させると水道水のカルキ(塩素)の臭気がぬけておいしいお水へと変わります。
ただし、鮮度の落ちてしまう汲み置き水や湯沸し器の水は“ノー”です。

☆温度
コーヒーを一番おいしくいれるために、お湯の温度はかかせません。
お湯の温度は約90度がベストです。
沸騰したお湯を少し冷ましたくらいが、だいたい90度です。
お湯が沸騰したらすぐに淹れたくなりますが、おいしいコーヒーのためにはちょっとだけ待ちましょう。

☆愛情
おいしいコーヒーにするため、一番大切なことは愛情を注ぐことです。
コーヒーをいただく方のことを想っていれることが、なによりの調味料となります。
もちろん自分に入れるときも同じです。
頑張っている自分へのご褒美に癒しのひとときをあげるつもりで入れましょう。

Choice いろいろ選べます

味で選ぶ

をクリックするとあなたにあったコーヒーをご紹介します。

マーク

贈るあの方で選ぶ

恋人に贈る両親に贈る

HOME

酒井幹浩が語る コーヒーの魅力

キーワード検索

お支払方法

ご利用可能な宅配便

  • ヤマト運輸

会社案内

自家焙煎 珈琲豆宅配専門店
珈琲香房 焙珈館
〒441-8019
愛知県豊橋市花田町百北183-2
090-2180-1003
info@coffee-kiwami.com

詳細を見る

携帯サイトでも購入が可能です!

携帯電話で読み取れば携帯サイトへ簡単に、アクセスできます。

携帯サイト用バーコード